年歳 活動歴
1971 0歳 岐阜県郡上八幡病院にて生誕。大阪府大阪市在住。
1973 2歳 北海道札幌市へ。北の光の記憶。あまりに病気大怪我が続いたので、龍神との結縁を母親が手配 ご縁を結ぶ。
1976 5歳 大阪府堺市へ。関西弁に驚く。光化学スモッグで外出なしの引きこもりがちな日々。
1977 6歳 兵庫県神戸市長田区へ。そばめしと港町への驚愕。異国情緒、独特なアジア感覚。堤防から観た水平線
1982 11歳 兵庫県加古川市へ。ヤンキー文化を拒絶。狭すぎる村
1984 13歳 加古川市立中部中学校入学。やるなら全国大会レベルで、との理由で吹奏楽部へ。トランペット。厳しすぎる練習量もドビュッシーと
歌劇に夢中。聴覚覚醒
1985 14歳 吹奏楽コンクール兵庫県大会Bの部金賞グランプリ受賞。部内での一眼レフカメラ流行を機に写真への目覚め。視覚覚醒
1986 15歳 お小遣いで中古一眼レフオリンパスOM-10購入。初めて撮ったワンロール目カットNo.36Eがカメラ雑誌月例で入選。原稿料が貰えることに
驚きプロ化への芽生えと決心。
1987 16歳 兵庫県立東播磨高校入学。写真部入部。当時は珍しかった自家製カラー引伸ばし機が暗室にありカラープリントはこの時覚えた。
1988 17歳 朝日新聞主催高校野球フォトコンテスト高校生の部グランプリ受賞。新聞7段掲載、テレビ朝番組出演などで周囲への認知度があがると共に
マスコミの威力を体感。個の視点を世に問いかける意義を知る
1990 18歳 東京工芸大学短期大学部写真技術科入学。広告写真研究科。写真だけ人生開始。渋谷でチーマー横目にギャラリーと単館上映へ通う日々。
村からの解放
1992 20歳 同校卒。電通スタジオ助手勤務。3年6ヶ月、逃げ出したいほどの苦行で最高峰のライトコントロール術を手に入れる。
1993 22歳 Kodak PCN Gold120を詰めたNew Mamiya6を手に作品「SEASIDE PARK」制作開始。仕事以外はずっと海に通い詰める。
水平線への回帰
1995 24歳 作品「SEASIDE PARK」完成を区切りに9月、同社退社。10月、日清ラ王藤井フミヤ総理大臣編現場スチールで職業写真家デビュー。
1996 25歳 スターツ出版(株)社員カメラマン入社。
1997 27歳 リクルート社主催第10回写真3.3m展「SEASIDE PARK」入選を機に同社退社。1度目のフリーランス
2002 31歳 読売広告大賞企業協賛賞受賞。
2004 33歳 ㈱電通映像制作部駐在フォトグラファー契約。
2006 35歳 第53回カンヌ国際広告祭メディアライオン部門ブロンズ受賞作品"TOYOTAトリノ五輪応援キャンペーン"新聞30段四連組、撮影担当。
2007 36歳 ロケ地で訪れた熊野、知床に圧倒されたのを機に気配とは何かを探る旅、作品「座(さくら)」制作開始。
8月、駐在フォトグラファー契約満了を機に再びフリーランス。
2009 38歳 爆発した花火による意識の向こう側への瞬間を探る作品「SUMIDA」制作。
2010 39歳 様々なシンクロニクティの結果、記憶の光を辿る旅を始めるため、北東北にも居を構えての往復生活。
より深くより遠く森や海岸線や半島のその先へと向かう。(のち帰京)
2011 40歳 撮影中心の生活から距離を置き、手代木潔氏より300時間手ほどきを受けhtml,css,flash等web制作術をマスター。
受講中、東日本大震災。制作が一気にパブリックスペースからプライベートな記憶へと移る。コミュニケーションのパラダイムシフト
2012 41歳 更に記憶の奥深くへと潜る旅のため引き続き北東北〜西日本まで各地を飛び回り、実際の距離移動と記憶の関係性を検証考察。
2013 42歳 「The garden」 制作開始。回想の壁で記憶での造園を囲い始める。
2017 46歳 公式サイトを Ahead Of The Light へと更新。 神の庭 精霊集めて 飛び回る日々、撮影中